私には合わなかったHABA

HABAの広告は、長い間よく見かけていたので化粧品会社としては、なんとなく知っていました。

今でも、とてもオシャレな萬田久子さんがずっと広告党をされているあの会社です。私に合わなかった最低の化粧品とはHABAのスクワランです。
最悪化粧品12
それまでは、ドラッグストアで安いものから適当に選んでいたのですが、30代の折り返し地点に差しかかり、急にしわが気になるようになり、同時にHABAの広告が気になり出しました。お試しセットはあるということで短期間試してみたところ、あまり変化はありませんでした。でも悪くはないようなので続けたら効果がでるかなと期待して、化粧水とスクワランの正規サイズを注文しました。まあ、今思い返せば、ドラッグストアでなく化粧品会社から通信販売で直接購入するということで、私の期待値も急上昇してしまったのでしょう。しかも今まで使用していたものの倍くらいのお値段でしたので、効果があって当然という心持ちでいました。

 

しばらく使い続けると、日に日に肌にしわが目立ってきました。

肌全体が乾燥している感じです。使用する前も目元のしわはあったのですが、それまでに頬や口元が乾燥していると感じたことはなかったので、あきらかに肌がHABAを拒否しているようでした。
最悪化粧品11
後日、よくよくサイトなどを確認しますと、スクワランのつけすぎ注意という事がしっかりと書かれていました。でも開封した際にもそのような注意書きは確認していて、自分でもつけすぎないように注意はしていたつもりなのです。「エッもっと少量でよかったの?」とか「いや、自分は少なめにと心がけて使用していたのだから化粧品の方が悪いはず」とか心が入り乱れております。お肌の感想を感じた後は、結局もったいないけれど使用を中止しました。

 

今は、もとのドラッグストアで購入した基礎化粧品や他の化粧品会社の製品を使用し、お肌はV字回復を遂げています。まあ、V字回復は言いすぎにしても、もとには戻りましたのでひと安心です。